神奈川県厚木市の建築設計事務所株式会社アベ設計|実績多数の建築設計や耐震診断

神奈川県の建築設計・耐震診断・土地活用

メールでのお問い合わせはこちら
  • Home
  • 実績紹介
  • 耐震診断
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 料金について
  • 採用情報
  • お問合せ
  • HOME
  • マンションの大規模修繕

マンションの大規模修繕に関して

 

マンションの大規模修繕をお考えの方へ

マンションも10年以上経つと、さまざまな個所で不具合が生じてきます。マンションで長く快適に暮らし、また資産価値を維持するためには管理組合による計画的な大規模修繕が欠かせません。
 
マンションの大規模修繕は、10年から15年目に第一回目を行うのが目安です。建物はコンクリートや鉄筋と鉄骨による躯体構造物と、電気や給排水管等による設備により構成されています。
Fotolia_17209465_XS.jpg

そして各部位は、経年劣化や震災被害等により本来の機能を維持出来なくなり、建物全体の老朽化につながります。
とりわけ、防水、外壁塗装、タイル面の補修、バルコニーや外廊下の防水等を行う場合が多いでしょう。

定期的に建物のメンテナンスを行うことで、老朽化の進行を少しでも遅らせ、マンションに住む住民の安全を守り、資産を保ち続ける必要があります。
 
 

大規模修繕計画の必要性

大規模修繕計画及び工事の必要性についてあらためて考えてみましょう。
 
1.建物の耐久性を高め、住民の安全を守る
2.建物の資産価値を保つ・高める
3.長期的に見て経済的である
 
マンションには長期修繕計画の作成が必要とされ、国土交通省からガイドラインが出ています。
マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには建物の経年劣化に応じて適切な修繕工事を行うことが重要であり、その為には、専門家が適切な長期修繕計画を作成し、それに基づいた修繕積立金額の設定を行うことが不可欠です。
 
 

大規模修繕で気をつけること

通常、長期修繕計画は管理会社の業務として業務委託契約書に明記されています。
管理会社に依頼すると無料で作成してくれるでしょう。

しかしながら、管理会社が作成する長期修繕計画書はマンションそれぞれの事情に合わせカスタマイズされて作成されているものではありません。
ほとんどが画一的で、修繕に必要な費用詳細が記入されているわけでもありません。
 
管理会社が作成した計画書通りの修繕を行うと、不要な工事まで行ってしまい、せっかく所有者が必死にためた修繕費用が一気に使われてしまいます。
そこで、大規模修繕を行う際には、どこをどのように修繕する必要があるのかを把握し、明確にしてから、それにかかる費用を見積もりしてもらうということが必要になるのです。
 
建物の傷み具合、外観の美観などを考慮して、修繕箇所、それにかかる修繕費用を決めるべきなのです。
 
 

大規模修繕の依頼先

上記の通り、共用部の大規模なメンテナンスから日々の清掃・点検に至るまで、これまでは、マンション分譲会社系の管理会社が、計画をたて、建設会社の指名等を行うケースが多数でした。

また、最近では、住人による管理組合が主体で計画・実行するマンションも増えてきています。
 
我々の事務所にも、「マンション大規模修繕の見積もりをある業者に頼み、ビックリしてしまうほどの修繕見積もり費用を突きつけられた。本当にこれだけの費用がかかってしまうものなのか。」というご相談をよく受けます。
それは、上記の繰り返しになりますが、そのマンションの状況に応じた修繕計画を立案していない為です。
 
防水や外壁工事、建築構造に詳しい専門家が適切な建物診断を行う必要があります。
 
株式会社アベ設計には、これまでマンションの大規模修繕実績のある建築士が多く在籍しております。
施工業者は、20年来の付き合いがあり信頼できる老舗施工会社の中から、事前の工事費見積金額などを比較して厳選し、納得の上で発注します。

積立金を有効に使うために、大規模修繕では専門的な知識や経験を持つプロの設計士にお任せ下さい。
 

toiawaseabe.jpg
Copyright © 2011 ZONET ABE SEKKEI All Rights Reserved.